マカオ最新情報!コロナウイルスの影響でもサウナはやっているのか?

スポンサー広告

現在のマカオの最新状況をお届け

 

中国の湖北省・武漢市で発生した新型コロナウィルスの影響はいまだに収まる気配がなく、中国本土ではすでに600人を超える死者が出ています。

日本国内でも感染者が出ており、今後の生活への影響が懸念されています。

個人的に気になるのは今も続く深刻なマスク不足です。

これから花粉症のシーズンに入ることもありマスクの需要は高まる時期にも関わらずドラッグストアやコンビニではどこもマスクが売り切れれている状態で入荷が未定の状況です。

 

中国人観光客が日本生きて今一番爆買いしているものは絶対マスクですね。

インターネットではマスクがかなりの高値で取引されており、中には2万なんてものもありました。

2万のマスクを買うなんてさすがにあり得ないですよね、、、、

 

新橋でラオスの女の子と遊んでみた!日本でも海外の女の子と簡単に遊べちゃう!

【国内風俗】大阪5大新地を歩く、松島新地と今里新地の現在とは、、、

 

マカオのサウナとカジノはいまどうなっているのか

カジノで有名な香港、マカオですがコロナウィルスの影響で現在はどうなんでしょうか。

 

マカオ政府は2月4日、マカオにあるカジノ全41施設を一時休業する発表しました。

一時休業の内容は5日午前0時から15日間(2月19日午後11時59分まで)の休業となります。

そこから15日後にコロナウィルスの影響が沈静化している場合には営業を再開するそうです。

 

今回、マカオ政府がカジノ閉鎖に踏みきった背景には、マカオにおいてマカオ人の新型コロナウイルス感染確認が相次いだことが理由です。

4日午前に9人目の新型コロナウイルス感染が確認されたマカオ人の女性(29)がカジノ運営企業に勤務しており、送迎バスやスタッフ食堂を利用していたことが判明したことが大きかったとみられています。

 

今回のカジノやその他の施設の一時休業によりマカオの経済損失は1000億円以上と言われいます。

 

今回一時休業になる施設一覧
・カジノ
・競馬
・映画館
・劇場
・ゲームセンター
・インターネットカフェ
・ボーリング場
・カラオケ店
・バー
・ナイトクラブ
・ディスコ
・ダンスホール
・ビリヤード場
・ヘルスクラブ
・サウナ
・フィットネスクラブ
・くじ売り場

 

マカオ内のレジャー施設はほぼすべてが15日間の営業休止となるのでもしマカオに行く予定がある人は2月21日以降のマカオの状況をチェックしてから計画を立てる方がいいと思います。

マカオ国内の病院も感染者が入院しているという情報があり、今後の感染拡大への影響も懸念されているのでしばらくはマカオでの夜遊びはあきらめて違う国へ行った方がよさそうですね。

 

中国人の次なる目的地はどこなのか

コロナウィルスの影響で中国人を入国制限する国が相次いでいます。

中国人と言えば飲む、打つ、買うの三拍子というほどに買い物や博打が大好きなのでマカオでカジノが休止となればできる国へ行くことになりますよね。

いま一番懸念されているのが韓国とカンボジアです。

どちらの国もカジノ産業が大きな収入源となる国でまだ中国人の入国を大きく制限していない国でもあります。

 

カンボジアも韓国もカジノの他にも性産業もある程度盛んなので中国人の次なる目的地としては有力かもしれません。

特にカンボジアでは中国マネーに頼っている部分がかなり大きいので入国制限などそうそうしないのではないでしょうか?

 

ここで個人的に気になるはまだタイがおおきな対応措置をとっていないことです。

タイ国内でもすでに感染者が出ていることが確認されており、それが中国人である可能性が高いケースもあるのにやはり大きな経済損失を恐れているのでしょうか?

 

今のタイでの夜遊びはもしかすると一番リスクが高いのかもしれないですね。

しばらくは日本国内で大人しくしてるしかありません、、、、、

早くこの騒動が収まって欲しいものです。