【マッチングアプリ】女性誌でも話題の絶対に出会えるマッチングアプリ!

スポンサー広告

マッチングアプリで美人な台湾人と出会った話

新型コロナウィルスの影響が続く中で国内で美人と出会いたいという人の声にお応えしてまだ国内でも海外の美人な女の子と出会えることを確認した体験談を載せていきたいと思います。

日本国内はコロナウィルスの影響で海外からくる女の子の数も減り、在日の外国の女の子もどんどん故郷に帰ってしまっていますね、、、、

 

そんな中でもどうにかこうにか遊ぶ方法を考える٩( ‘ω’ )و

ということで行き着いたのがマッチングアプリです。

 

1.マッチングアプリ

今回も雑誌や街看板で話題の人気マッチングアプリを使用して出会いました。

前回の記事でも紹介しましたが私が使用したのは課金制のマッチングアプリなのでプロフィールの閲覧、メッセージの送信、既読にはお金がかかります。

 

しかし有料なマッチングアプリの最大のメリットがあります。

それは知名度の高さ٩( ‘ω’ )و

 

雑誌やWEBでも広告を出しているし、池袋や新宿といった都心の大きな駅の目立つ場所に大きな看板まで出しているのです。

 

2.マッチングから出会いまで~

今回私がマッチングしたのは台湾人の21歳の女の子です。

今回は掲示板の書き込みからではなくプロフィール欄から検索して女の子を探してみました。

今回は980円の課金で1000Pをまず取得してそれでどこまでやれるのかも合わせて検証してみました。

 

まずは最初にメッセージを送ります。

メッセージの送信は1回で5Pを消費してしまうので内容は考えて少ないラリーで会うところまで持って行く、もしくはLINEの交換まで行きたいですね。

基本的にハッピーメールに登録している女の子は本気で彼氏が欲しい、暇つぶしがしたい、簡潔に会いたいといった目的別に分かれます。

 

正直彼氏が欲しい女の子はかなり慎重にこちらを見定めてくるので必然的にメッセージのやり取りが多くなります。

メッセージのやり取りが増えてしまうとその分たくさん課金しなければいけないので難しいところですね。

逆に海外の女の子が登録している場合は日本人の友達が欲しいとか簡潔に会って遊びたいといった女の子が多いのですぐに会うところまでこぎつけることができます。

 

今回会ってきた”Rちゃん”です↓↓

 

アプリでメッセージを送ってから2~3回のやり取りですぐにラインの交換ができました。

その後はすぐに会おうという話になったので新宿のRちゃんが宿泊しているホテルまでいき会うことになりました。

中国、韓国、台湾の女の子が多く宿泊しているのが赤坂見附、六本木、新宿、渋谷あたりです。宿泊しているビジネスホテルもフツーの一般的なビジネスホテルという感じでした。

 

やはり会いに行くまではどうしても緊張してしまいますね。

しかもラインでのやり取りのときは終始英語だったので会った時にちゃんとコミュニケーションがとれるかどうか心配でした。

でも英語でのやり取りだったので逆に業者とかじゃなくて本人である可能性もかなり高かったので余計な心配をしないで気楽に行ってみることに。

待ち合わせのホテルまで行くと部屋番号が送られてきたのでそれに従い部屋の前まで行きノックをしてみると中からかなーりセクシーな女の子が出てきました!!

 

 

事前に貰っていた写真の通りのスタイルでいつもタイ人の熟女マッサージ嬢ばかりみてきた私にはかなり新鮮でもう興奮マックス状態です。

部屋に入るとベットにすわりしばし雑談しました。

 

台湾には以前に旅行に行ったことがあったのでその話をすると「あ~私その辺に住んでたことあるよ!」とかなり嬉しそうにしゃべってくれました。

やっぱりどこの国の女の子も自分の故郷の話には食いついてくれますね。

その後はしばしイチャイチャな時間に突入しました。

胸やお尻にタッチしながらキスしてみたら向こうからもお返しと言わんばかりに体のいたるところをタッチし返してきます。

この流れのままシャワーに移動して一緒にシャワーを浴びてその後はベットにいき最後までセクシーな体をしっかり堪能させていただきました。

Rちゃんの裸を見ると台湾の女の子は本当にスタイルがいいというのを改めて感じました。

 

日本人の女の子はスタイルにかなり個人差がありますが韓国や台湾の女の子は平均してスタイルがいいイメージがありますね。

 

待ちゆく人がほとんどK-POPアイドルみたいな体つきしてる気がします。

最後にRちゃんにお礼(¥1.5)を渡して満足げな感じで帰りました。

ただの風俗に飽きた人にもおすすめ!ドキドキの出会いで思い出に残る一夜を演出してみましょう!