仮性包茎は手術が必要ないって知ってます?自分で簡単に解決できる包茎対策を紹介!

日本人に最も多いのが仮性包茎です

 

日本人男性の8割が”包茎”でありこれは男としては永遠の課題なのかもしれません。

正直に言って私自身もこの悩みとは一生付き合っていくつもりです。

今回は日本人に必須のネタである包茎とそれを解決していくためのアイテムである仮性包茎補助テープのクオリティを徹底解説していきます。

 

まず日本人には大きく分けて4つのタイプのアソコを持っている人がいます。

真性包茎、仮性包茎、カントン包茎、剥けてる人と大きくわけてこの4パターンです。

一番多いのが仮性包茎と言われていて次に多いのが剥けている人です。

 

剥けている人は大きさはそこまででもないのに妙に自信に溢れている人が多い気がするのは劣等感からくる僻みのせいなんですかね。。。。。

しかしそれくらい剥けている人と被っている人では男としての自信に差が表れてくるのだと思います。

 

【某サイトの包茎の割合調査】

仮性包茎 57.9%
包茎ではない 36.2%
真性包茎 2.1%
手術した 2.0%
カントン包茎 1.8%

 

<仮性包茎>

通常は皮を被っている状態だが勃起時には剥ける為、性行に関しては特に問題なくできる。

日本人男性の半数以上はこの仮性包茎なので剥けていることが当たり前というわけではないので安心してください。

 

<真性包茎>

勃起した状態でも亀頭がほとんど露出せず、自分で皮をむくこともできない状態を「真性包茎」といいます。日本人男性の割合は2.1%ほどなので珍しいタイプと言えます。

 

<カントン包茎>

勃起時に皮をむくことはできるが、剥いた皮が亀頭を締め付けてしまう状態のことをいいます。

 

【年代別の包茎の割合】

年が経つほどにアソコの大きさも変化してきて性交にも興味を持ち出してきます。更に年齢が上がれば経済的なゆとりも出てくるのでお金を払って性交することも可能になってきます。

20代では8割近くが仮性包茎と答えており、年齢が上がるにつれてその比率は下がっていきます。経済的なゆとりがあれば包茎手術で包茎が治るし、世間体的にも包茎を治したいと考える人が増えるようです。

真性包茎は性交以前にいろいろな病気のリスクもあるので治療の意味もこめて手術する人が多いようです。

 

【包茎のリスク】

画像1

仮性包茎であれば清潔感を保っていればよっぽどのことが無い限り病気などのリスクは低い、しかしカントン包茎や真性包茎はそうしたリスクを考察しなければいけないのが難点です。

真性包茎は勃起時に皮が剥けないので亀頭包皮炎などの病気の発生リスクがあります。恥垢がたまりやすく臭いの原因にもなるので早急な手術が必要だと思います。

カントン包茎は皮で亀頭を圧迫してしまうリスクがあります。この場合アソコがうっ血して最悪の場合は壊死してアソコを切り取る手術が必要な可能性すらあり、勃起時にはそのリスクがさらに上がります。

上記2つの包茎は保険適用で手術が行えるのですぐに医者にいって今後の相談をする必要があります。包茎手術では治療のほかにも亀頭のサイズアップや早漏、遅漏の改善も相談に乗ってくれます。

 

【仮性包茎テープ】

画像2

仮性包茎は真性包茎やカントン包茎と違い早急な治療は必要ありません。皮の内側の汚れも定期的に洗い清潔にしておけば病気にかかるリスクも低減されます。

手術代
仮性包茎治療 ¥50,000~
仮性包茎治療+亀頭増大手術 ¥17,000~

 

仮性包茎の治療自体はそこまで極端に高額というわけではありません。しかしやはりアソコの手術は怖いですし、術後はしばらく安静にしなければいいけません。

まずはそうした手術治療よりも先に簡単に試せるお手軽な包茎補助テープをおすすめします。

 

初回購入¥900という破格の安さでお手軽に脱包茎を始めることができます。

医療用の素材を使用したテープなのでクオリティに関しては安心できます。

 

【MUKETE】

日本製(安心)
医療でも使われる素材(安心)
極薄の透明な膜のようなテープ(目立たない)
剥がれにくい(衣類にこすれても大丈夫)
毎日張替え使い捨て(清潔感が保たれる)
常時剥いた状態を維持できるので快感が増す(生活が潤う)

これを装着しても極薄の透明なテープなので女性にも気づかれにくいしいつもとは違った快感が得られてエッチが新鮮に感じます。

手術よりもお手軽だし何といっても日本製で医療用の素材を使っていてクオリティがここまで高いのに金額が安いので気軽に購入できるというのが最大のメリットです。