無料マッチングアプリで美人局事件発生!!

無料マッチングアプリに潜むわな、、、美人局の恐怖体験

今回は無料マッチングアプリに潜む危険性と実際に起きた無料マッチングアプリのでの美人局被害をご紹介していきたいと思います。

今はインターネットが普及してマッチングアプリで出会うことは当たり前の時代になりましたね

一昔前であれば出会い系というネーミングのほうが浸透していて女性も男性も少し抵抗感があったのではないかと思います。

 

出会い系やってるなんて恥ずかしくていいづらい(;´・ω・)

 

しかし現代では会う前からSNSやメッセージアプリでメッセージのやり取りをしながら親交を深めるなんて当たり前のようにみんながしています。

特に趣味のコミュニティも盛んに立ち上げれていて同じ趣味を持つ人とも簡単につながれるようになったことから抵抗なくマッチングアプリを使用する人も増えているんです。

 

しかもいまはコロナウィルスの影響で外出や飲み会も自粛傾向にあり、暇を持て余した人が多く参加してきているのでさらにマッチングアプリの需要は高まると言えるでしょう。

しかしそうした時代背景もある中でインターネットの中での出会いはメリットも多くあるのですがその反面ネットならではの危険性も潜んでいるのです。。。。。。

 

Tinderとは

まず今回の事件で使用されていたのはマッチングアプリのTinderです。

Tinder(ティンダー)はFacebookと連動して位置情報を利用して行えるマッチングアプリです。

 

全世界約190ヶ国で利用されているマッチングアプリで現在も1日2600万以上のマッチングが発生している人気アプリというだけでなくなんとそんな人気アプリを無料で利用することができるんです。

全世界で使われているので日本人だけでなく外人と出会いたいとか同性の友達を増やしたいとか恋愛要素以外での利用者が多いのも特徴です。

利用する年代は18歳~40歳までの年代が多くて比較的に若い人が利用している傾向があります。

登録してからプロフィールや写真をみてその人が気になれば【いいね】を押してマッチすればメッセージのやり取りができるという非常にシンプルな流れなのも若い人向けです。

 

美人局被害までの流れ

ここからは美人局の被害に実際にあった人の体験談を紹介していきます。

美人局の被害にあったのは都内在住のサラリーマンのA藤さん(24)です。

 

A藤さんは2か月前に当時付き合っていた彼女と別れてしまい職業柄なかなか次の出会いが無いということでTinderを利用し始めました。

1週間ほどして、すごく話が合う女性とマッチングしたA藤さん。聴いている音楽や趣味がとても似ていたので話が盛り上がり飲みに行く約束まで取り付けました。

 

そして実際に出会う当日、やってきた女性をみてA藤さんはイメージ通りとテンションがあがります。しかし、A藤さんはそこであるミスを犯してしまいました。

それはどこのお店にするか決めずに合流したことです。合流した女性から『お気に入りのバーがあるんだけど一緒にそこに行かない?』

そう提案されてそのままついていったA藤さん、とある雑居ビルのお店に入りました。乾杯して最初は和やかな雰囲気でお酒を飲んでいたのですが女性の飲み方が次第にエスカレートしていきます。

 

私ってお酒が強いんだけど大丈夫?

 

そういって女性はアルコール強めの高いお酒を頼み始めました。。。。。

それまでお互いの趣味の話しなどで盛り上がっていたのでA藤さんも特に止めることなくそのまま飲み続けます。

 

結局2時間近くそのお店で飲み続けてそこから2件目に行く流れになって、女性がトイレに行っている間にお会計をしようとしたときにバーテンさんから『お会計相当いってますけど大丈夫ですか?』と言われました。

A藤さん自身はそこまでたくさん飲んでいなかったので高くてもせいぜい2~3万くらいだろうと思っていたら請求書をみて思わず固まります。

 

Aさん
お会計は~っと、、、え?、、、22万円?

 

渡された明細書には明らかにその場で頼んでいない注文品も書かれていました。

そもそも2時間そこらで50杯近くもお酒が飲めるわけがないのでこの請求書は明らかに盛られてるんですが、酔いもそこそこにまわり記憶も曖昧だったこともありこんなに飲んでいないとバーテンに言っても『いーや飲んでいる』と言い返されるばかりです。。。。。

 

そして途中でトイレに行った女性も全然帰ってくる気配がないことからそこで初めてA藤さんはこれがぼったくりで女性とグルで騙されたことに気づきました(;一_一)

 

被害にあってから警察に行くまでの流れ

結局は出口を店員に塞がれて完全に気が動転してしまったA藤さんは『22万なんていま払えるわけがない』と店員にいうと『それでは5万円で今回は示談にしてやる』と言ってきました。

一刻も早くその場から逃げ出したかったA藤さんはとりあえず言われた金額を支払いその場から脱出することに。

支払いの時に請求書の写真を撮っていたのでその写真を証拠にすぐに最寄りの交番に駆け込みぼったくりの被害にあった経緯を説明するA藤さん。

 

しかしここで警察の対応がA藤さんの予想していないものになりました。

警察は『お金を支払ってしまったら”双方で解決した”ということになるので警察では対応できない』というのです。

 

オイ!警察もなんもしてくれんのかーい(゚Д゚)ノ

 

警察だったら何とかしてくれるだろうと期待をもって駆け込んだのに一切取り合ってくれない警察の対応にA藤さんはかなりショックを受けました。

もう今回のことは高い授業料を支払った体験だと割り切ることにしたA藤さんですが、やはり当分は立ち直れそうにありません。

 

急増するマッチングアプリの美人局被害

近年は美人局やぼったくりバーは路上で声をかけていた一昔前とは違いマッチングアプリなどインターネットで獲物を捕らえる方法が浸透してきています。

皮肉なことにマッチングアプリが広く普及していくほどこうした被害も出てくることになってしまいますね。。。。

 

若くて可愛い女性の写真をおとりに使ってメッセージを積極的にばらまいて食いついた人とメッセージを重ねておびき出すという手法はマッチングアプリの経験が浅い人なら簡単にひっかかってしまう可能性もあるので注意してください。

美人局やぼったくり以外にもネットワークビジネスの勧誘などにもマッチングアプリが多く使われているのでメッセージのやり取りをするときは注意が必要です。

 

注意すべきプロフィール

いきなりアプリにプロフィールを載せている女の子を全員疑ってもしょうがないのである一定の文章を書いている人のプロフィールには注意を支払う必要があります。

 

【意識高い系の写真や文章が並んでいる】
→世界中を旅してまわりたい、仕事が最高に楽しい、自由な時間をもっと作りたい、最高な仲間と過ごしたいなどのワードがプロフィールに入っている人はネットワークビジネスをしている人の可能性があります。

メッセージのやり取りで『今度仲間内でBBQやるからこない?』とか『フットサル大会があるからこない?』などイベント系に積極的に誘ってきたらかなり確定ですね。

 

【条件なしで楽しみたいと書いてる人】
→『AV女優になりたいから条件なしで練習させてください。』とか『モデル、CA、看護師の友達と条件無しで3Pしませんか?』など条件なしで遊びたいと強調してくる人は要注意です。

それでほいほい誘いにのって待ち合わせにいくと今回のA藤さんのようにぼったくり店に誘導されて後から強面の人が出てきて法外な値段を請求されるなどのリスクがあります。

 

今後のマッチングアプリ

マッチングアプリのユーザーは年々増えているのでこうした美人局やぼったくりなどの手口は巧妙化してくる可能性があります。

特にTinderのように無料で気軽に使えるアプリであれば気軽に利用する人が多いので実際に出会う前に相手の情報を多く引き出して内容を吟味する必要がありますね。

 

私は個人的にはTinderを使用して女性と出会ったことがありますし日本だけでなくヨーロッパ、東南アジアなどの海外でもTinderを使用しています。

しかし積極的にTinderを使用してもそうした被害にあったことは1度もないのでまず相手のプロフィールの吟味やメッセージのやり取りで気になる情報は抑えておくようにしたいですね。