【ハプニングバー】新宿で男女入り乱れての乱行体験

スポンサー広告

今回は人生で初めてハプニングバーに行って来ました。

以前からハプニングバーという物の存在は知っていたのですが、いざ行ってみようと思ってもお店はどこにあるのか?普通にお店に行って入店できるのか?と不安要素がありなかなか踏み出せずにいたんです。

今回はたまたま会社の同僚で実際にハプニングバーに行ったことがあるという人がいたのでその人の案内で連れて行ってもらうことにしました。

 

1.ハプニングバーとはどんな場所なのか

ハプニングバーとはその日に初めて出会う男女が後腐れのないひと時を過ごすための出会いの場です。さまざまな性的嗜好(SM、レズ、おかま、ゲイ、露出、コスプレ)を持った人々との出会いが叶います。

費用は入会金以外は基本的に女性は無料で男性は時間によってかかる料金が違います。店内での危険な行為や本人が望まない行為は一切なしというルールがあるし、何もわからなくても店員さんやベテランのお客さんがフォローしてくれたりするので初心者でも安心して訪れることができます。

 

2.ハプニングバー基本情報

首都圏には私が今回訪問したお店を含めてハプニングバーが複数件存在します。お店によって個性や特色があって、にぎわう日時や客層や料金にも違いがあります。

今回は男性の同僚と行きましたが「女性同士」「男性同士」「単独」「カップル」、20歳以上ならどんな人でも入店できます。

初めての人がいきなり訪問するにはちょっと敷居が高いかもしれませんので今回の私のように周りに行ったことがある人がいればその人に紹介してもらって行くのが一番行きやすいです。

他にもお店のHPでイベント情報を確認したりお店の口コミをみたりして自分でも行けそうな雰囲気のバーを見つけて行ってみるのがいいと思います。

 

3.お店は何時くらいに行けば営業しているの?

お店の営業時間はそれぞれ異なります。私が訪問したお店は昼、夜の2部制営業でした。

昼の部:13:00〜19:00
夜の部:19:00〜翌5:00

昼の部と夜の部では客層も料金も違ってきます。夜の部の方が少しお値段が高めですが女性がくる確率は高くなります。おすすめの時間帯は19時〜ラストまでと終電が終わる深夜帯が女性が多いと思います。

 

4.お店に行ったら必ずプレイしなければ行けないの?

お店に行ったら必ず誰かとプレイしなければならないということはありません。相手から誘われても自分の好みじゃなければ断っても全然大丈夫ですし、お酒を飲んで何もせずに普通に出ることもできます。

お店にはハプニングバーのベテランもいれば地方から出張にきたついでにハプニングバーで思い出作りしてみようなんて興味本位の人も結構います。実際に今回の訪問では仙台市から出張できていた40代のおじさんと話す機会があったので話を聞いてみました。

LIBERA
ハプニングバーにきたってことは独身なんですか?
OYAJI
いやいや、普通に結婚しているし子供もいるよ。でもたまの出張でこうした場所にくることで刺激を得ることができて楽しいからね。
LIBERA
なるほどですね。でも家バレとかて心配はないんですか?
OYAJI
だから地元じゃいけないよね。こうした地方にきたときくらいしか行かないし、ハプニングバーに行ったなんてそうそうバレることはないと思うんだ。
LIBERA
確かにそれはありますね。みんな相手の素性にもそんなに興味はなさそうだしよっぽどの事がなきゃバレる心配はなさそうですね。

 

こうしたコミュニケーションも楽しいですね。色々な思いできている人がいると思いますが中には普通に家族がいる人もきているわけです。

 

5.ハプニングバーの料金ってどれくらするの?

費用はお店によって異なりますが、私が今回訪問したお店はフリータイム、フリードリンク制でした。

◆ 料金システム ◆
・入会金  男性1,000円 女性1,000円
・入場料昼の部 入場料夜の部(平日) 入場料夜の部(金・土・日・祭日前・祭日)
・単独男性様 8,000円 13,000円 15,000円
・カップル様 5,000円 8,000円 9,000円
・単独女性様 無料 無料 無料

お店によってはドリンクが有料なハプニングバーもあるのでお酒をたくさん飲む人は事前にシステムを確認しておいてください。

 

6.ハプニングバーって風俗なの?

ハプニングバーは決して風俗ではありません。お店側はお酒と場所を提供しているだけであり、そこで何が起きるかはお客さん次第であり、何かあったらお客さんの責任なのです。

店内ではきちんとルールがあり、なんでもありという訳でもありません。ルールを守らずに好き勝手に行動しているとお店側に出禁をされてしまいますので紳士的にルールに従ってハプニングバーを楽しむようにしてください。

 

7.ハプニングバーの入店までの流れ

まずは入り口で店員さんの指示の下に以下の流れで会員登録を行います。

【登録の流れ】
・登録用紙に「氏名」「住所」「性別」「年齢」などの必要事項を記入してサインします。
・そこで顔写真付きの身分証明書も提示します。
・その場で入会金と入場料を支払います。
・登録が終わるとスタッフさんがバーについての説明をしてくれます。
・入店後は荷物をロッカーに預けます。
・携帯電話の持ち込みはNG。

もし持ち込みが発覚したら出禁になってしまうことがほとんどなので、携帯は忘れずにロッカーへしまいましょう。バーの中にはすでにバスローブを着て歩いている人もいたりして、そういう人は大抵お店の常連さんでハプニングバーのベテランです。

ベテランさんはハプニングバーに慣れているので質問すると色々教えてくれますよ。女の子に話変えられないようならベテランさんに相談すると仲介してくれたりもするのでベテランさんとは仲良くなっておいたほうがいいですね。

 

8.私が実際に体験したハプニングバー体験談

ここからは今回の私の体験談を書いて行きます。まず今回訪問したのは新宿にある『RETREAT bar』というハプニングバーです。

都内でも人気のあるハプニングバーで、このハプニングバーの特徴は店内がおしゃれでハプニングバーっぽくない落ち着いた雰囲気なのが特徴です。

着ている客層も若い人からおじさんまで幅は広いですが、わいわいするタイプの人はあまりいないので初めての人でも行きやすかったです。

店内で席に着くと常連さんらしき人が話しかけてくれて他のハプニングバーの情報やどの時間帯に女性が多く来るのか教えてくれたり親切でした。

私は昼間の部の14時くらいに訪問して18時くらいまでいたのですが、その間にきた女性は全部で4人ほどです。30代半ばの女性が二人と20代後半の女性、40代くらいの女性がいました。

 

ハプニングバーという場所にいるせいか全員がとてもエロく見えてしまい話すときもなんだか少し照れちゃいますね。店内には男性が10人くらいいて女性一人に対して三人くらいで話しかける感じになっていました。女性側からすると複数の男性からアプローチされる訳ですから悪い気はしなさそうですね。

ハプニングバーのバーテンさんが女性だったのですが、さすがハプニングバーの店員らしく下ネタトーク全開で「この前の4Pがさぁ〜、、、」と自分の乱行体験を普通のテンションで語っていました。

そのうち30代の女性が男二人とプライベートルームに入っていきました。すぐ隣にプレイルームの声が聞こえるスペースというのがあったのでどんな感じでプレイが行われているのか聞いてみたかったのですが、今回は先客がいて断念しました。

 

9.ハプニングバーの乱行体験

いつの間にか後輩もお店にきていた30代の女性と話を始めていて私はその間おじさんとばかり話をしていました。しかし内心はせっかくきたんだから何かしらの体験をしたいとモヤモヤしていたんです。

そのうち後輩はプレイルームに消えて行いましたが私はまだ女性とのトークに入れずにいました。するとそれを見かねたのかベテランのバスローブ客が私に話しかけてきてくれて「あそこの女性がこれから3Pするんだけどよかったら混ざらない?」と誘ってくれました。

店内にいた40代と思われる熟女でしたがこの際もう相手はなんでもいいやと開き直り、「お願い位します!」と食い気味にお願いする私ww

そしてプレイルームに移動すると中は薄暗くてベットらしきものがありました。そしてここにはゴムが備えづけてあって自由に使えるみたいです。

ベテランの客と女性は顔見知りのような感じで慣れた感じでプレイしていましたが私はとりあえずベテランさんの動きを見ながらアシストするような動きでプレイに参加してました。

始めての男性2人女性1人の3P体験なので動き方がわからずにオタついてしまいましたがどうにか最後まで行く事ができてよかったです。

 

10.感想

今回体験してみて感じた結論から言うとハプニングバーには思っていたほどのとびきりの美人はいませんでした。いても中の中くらいですね。でも普通の人よりは確実に性欲が強い人が集まっています。

私みたいな初心者の場合は常連さんが『あの人は今日は乱交したい気分みたいだから行ってくるといいよ。』とアドバイスをくれたり、マスターが話を振ってくれたり親切な環境ですね。

お酒を飲みながら雰囲気を楽しむだけでも面白いので初心者でもぜひ積極的にチャレンジして見てください!!